Industar 22

今日の主役はライカではない。

e0134658_1821432.jpg



おロシアレンズ、Industar22
(実はロシアレンズという呼び方はた好きではない。ウクライナ製もあったりするのだからソビエトレンズと呼びたい)
50年代のレンズで外見はエルマーだが、レンズ構成はテッサータイプだそうだ。

2年くらい前に、3000円くらいで買ったものだ。
当時蚤の市で格安カラスコ21mm付DⅡを買ったので、これに合う標準をと思い探したのだがエルマーは高いのでこれにした。

その後いろんなカメラに色目を使っていたので、いままで使っていなかったが、思いつきで使ってみることにした。実はJupiterも持っていたし、あまり期待していなかったのもある。


e0134658_18215458.jpg

DⅡ、Industar22 50mm、Paradies DIA

特別凄いわけではないが、いいじゃあないか。
大衆レンズは馬鹿にしてはいけないな。
安いものが悪いわけでもない。

戦前のElmarは、その存在自体を楽しむものだが、これは実用レンズとしてはElmarより上だろう。
ボケをそれほど重要視しないワタシにはJupiterより使えるかもしれない。

よく見ると、Werraのテッサーと似た写りをしている。
コントラストがほどほどで発色が良い。
そうかテッサーを祖にしているのだから、似ているのもおかしい事ではないか。

e0134658_18225022.jpg


いつも思うのだが、この時代のレンズは、西側のものより東側のレンズのほうが柔らかい写りをするものが多い。
世間で言われるほど悪い世界ではなかったのではないだろうか。

Old Eyeを通して見る世界。
それを通して今の世界を見ているつもりになっているが、本当はその時代を見ているのかもしれない。

だから古いレンズに惹かれるのかもしれない。


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2010-06-06 18:46 | Leica DⅡ

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!


by shangkato2