古機巡礼5 チェコの写真家(Josef Sudek, Josef Kudelka, Jan Reich

e0134658_2284368.jpg


チェコの写真家といえば定番なのだが、どうしてもJosef Sudekは外せない。
最初に知った写真家が彼であったのは幸せだったかもしれない。

いつだったかリベレツというチェコの北部、プラハから100kmほどのところにある大きな街だが、日系工場がその工業団地に数社進出しているので度々訪れていた。冬場は雪も多く、ナビのとんでもない指示に従って雪深い裏道に迷い込んだこともある。たしかスキーの世界大会が開かれたりするくらいだからたしかに雪国なんだろう。
その街のスクエアのちょっと外れたところに新書も古本も、それにアンティークもおいている本屋があり、そこでスデクの名作パノラマを格安価格で見つけた。といっても日本で20万するその書だから、チェコの物価からしたらそこそこ高い、6000コルナ、3万円ほどの価格だったが手持ちが無くてあきらめた。その書店はチェコには珍しく土曜も開店しているから、スクエアにあるレストランの美味しいケーキをエサにかみさんを、その週末に連れ出したときには既に売り切れたあとだった。

そんなこともあり無性にスデクの写真集を集めだした。

e0134658_2292679.jpg


パノラマが有名だからそれしか撮っていないのかというと、そういう訳でもなく大判メインでチェコの風景中心に作品を撮っている。中でも一番好きなのは、Suprahonというチェコのレコードレーベルの依頼でヤナーチェックの故郷を撮った写真集だ。パノラマに見られる緊張感とは無縁ののんびりしたチェコの田舎を写したいい写真集なのだ。

e0134658_22113335.jpg



クーデルカはwikiあたりだとフランス人だと書かれているが、正真正銘のチェコ人。プラハの春のソビエト侵攻を撮った写真家として有名で、当然その写真集が欲しいと思っていたが、帰国ぎりぎりまで、いつでも買えると思い直前に慌てたため買えず、このCikaniという写真集になった。

e0134658_22115758.jpg


Cikaniとはチェコ語でジプシー(ロマ)の意味で、60年代に東欧のロマを意欲的に撮っているドキュメント写真集。チェコに限らず東欧でロマ人は非差別階級で、信じられないくらいの差別を受けている。それをチェコ人のクーデルカがその中に入り込んで撮っている。近年はパノラマで社会的な写真を撮っているようでそういう写真も良かったのだが、この頃のギラギラした生命の貪欲さを味あわせてくれる凄い写真ばかりにただただ圧倒されたので結果素晴らしい写真を入手して満足している。

早く気づいてもっと買ってくるべきだった。


e0134658_22121651.jpg


ヤン・ライヒは現代チェコで最も美しい写真を撮る写真家と評されている。
スデクの直弟子と言われるが、実際はご近所同士だったので、自然と影響されたのが真実だそうだ。プラハ城近くに写真館があったらしいが結局行けずじまい。
2009年に亡くなられており、どこかですれ違っていた可能性もなくないが、そういうことにはならなかった。ワタシのチェコ滞在はどこか中途半端だ。
直弟子と言われる所以は伊達ではなく、実際にスデクの大判カメラのいくつかは彼が所有している。レンズはどこまでも繊細な絵が欲しいのでニッコールだそうだ。

是非大判に手を出したかったが、今となっては。
なぜか帰国後は写欲が激減してしまったから、今更新しいフォーマットに手を出しても使わずじまいの気がするからだ。

しばらくしたらまたチェコに再訪し、買えなかった写真集と、まだ満足に撮っていないチェコの大地を撮りたいものだ。そのときは日本から機材を持って行く必要は無い。
今度こそヤンさんの店で大判買って、スデクやライヒ気取りするのも良いかもしれない。
ヤンさんの店はスデクの御用達でもあるのだ。
それを知った経緯はまたなにかの機会に書こうと思う。

にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
Commented by 川越 at 2012-09-18 11:59 x
手ぶらでプラハに行って、現地で大判を手に入れて写真を写す。かっこいいです。スデク御用達のヤンさんの店のお話も楽しみです。
Commented by tony_etoile at 2012-09-18 12:23
写真集の下に見える畳がよいですね。

まるで上海狂人さんのお宅で
お話を伺っているかのようでした。
Commented by wszystko_exakta at 2012-09-18 19:53 x
Josefはチェコ語でヨゼフ、sはサ行なのですが唯一zに読む例外なのですが、日本ではヨセフ表記がまかり通っています。クーデルカもないですよね。食う出るか、なんて。お勘定が先です。
Commented by 上海狂人 at 2012-09-18 22:33 x
>川越さん
是非やってみたいんですけどね。ヤンさんの店はとっつきは悪いんですが、顔見知りになると本当に親切。少なくとも10日以上開けることは無いくらい通っていました。
Commented by 上海狂人 at 2012-09-18 22:34 x
>tonyさん
なにかこういう写真集と畳みがいい塩梅で。
地味な写真家が多いですが、いい写真家が多いですよ。
Commented by 上海狂人 at 2012-09-18 22:36 x
>タラサン
ジョセフと書いているところもありますね。コウデルカのほうが近いんでしょうけどね。
Commented by izumi-suzuki at 2012-09-19 01:59
東欧の独特の空気感の中にいて、日本に戻ったら写欲が失せてしまったという気持ち、すごくわかるような気がします。
きっと、上海狂人さんの体の中には、まだチェコの空気が流れているのでしょうね。  写真集を開いた時にそこにたゆたう不思議な感覚は、チェコへいざなう魔力でしょうか?
Commented by 上海狂人 at 2012-09-19 23:04 x
>izumiさん
がらっと環境が変わりましたからね。写真自体をチェコで始めたものですから、逆に日本の環境に慣れません。海外から旅行で来る分にはいいんですけどね。
Commented by Ryo at 2012-09-26 23:05 x
Sudekは私も好きな写真家の一人です。
Prague Panoramicはいつか手に入れたいと思うのですが、高くてなかなか手が出ません…。
Commented by 上海狂人 at 2012-09-29 00:38 x
>Ryoさん
プラハパノラマは日本では、もちろんチェコでも、高いですからね。買って帰りたかったのですが。
Commented by ふくいのりすけ at 2012-10-01 13:26 x
いつかチェコの話ゆっくり聞きたいです(^^
Commented by 上海狂人 at 2012-10-01 23:16 x
>ふくいのりすけさん
是非!もし次回妙典オフされるときはご連絡ください。
by shangkato2 | 2012-09-17 22:49 | 古機巡礼 | Comments(12)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!


by shangkato2