古機巡礼10 Sudek , Reich , Seike それにまつわるカメラの物語



Josef Sudek(ヨゼフ スデク)と Jan Reich(ヤン ライヒ)

ちょっと写真に詳しい人なら、この二人の関係はご存知の方も多いと思う。

Josef Sudek , Jan Reich , Tomio Seikeの関わりとなると多少説明を要する。


まだチェコにいる頃。ご近所に住んでいるのになかなかお会いできなかった写真友達のご夫妻NさんとMさんがいる。彼らはワタシのようなゲテモノカメラではなく、ハッセル、ローライ、ライカと正統的な機材を使われている。撮られる写真もセンスの良いものだ。2年くらい前にようやく実際にお会いできて、美味しいレストランに連れて頂くようになった。奥様が呑兵衛というのも打ち解けるのにそれほど時間を要しなかった。


あるときNさんから電話をいただき、ある写真家の人がプラハにいらしており、同席しないかとお誘いを受け二つ返事で快諾した。実は当時お名前聞いてもピントこなかったので、よく調べてみると写真は何度も見かけていた写真家だった。

それがTomio Seike, 清家冨夫氏だった。


プラハのビアホールで待ち合わせし、Nさんと清家氏ご夫妻と歓談をすることになった。
尊大なところもなく、上品な紳士といった感の方で、奥様も明るい気さくな方で、初めてお会いする方々とは思えないくらいに時間が進むのが早く感じた。


清家氏の話では、もともとJosef Sudekにはかなり興味があったらしく、その被写体であるプラハに心惹かれるものがあったそうだ。その流れとしてJan Reichに会える機会ができたのだが、その機会は残念ながらJan Reichの死で叶うことは無かった。
プラハ来訪でこの街を大変気にいり、今度はある程度長い期間滞在したいということだった。


e0134658_11315968.jpg



Sudek話になった際、清家氏がずっと気になっていることを聞いた。


Josef Sudekの作品のほとんどは大判カメラを使って撮られているが、一時期中判を使うこともあった。
なんどか使ってみたが、彼の求めているものには中判では情報量不足で満足できなかったらしい。

しかし清家氏はその中判、なにを使っていたのか非常に気になるということだったので、調べてくれないかとお願いされた。

Sudekが担ぐこのカメラ。
e0134658_11391969.jpg


カメラの形状、蛇腹の開く位置、金具の曲がり具合、いろいろ照らし合わせてみたが、なかなか特定はできなかった。

そんなある日、行きつけのカメラ屋に行く。

例のヤンさんの店である。

e0134658_12103910.jpg


ヤンさんは70歳くらいの白髪の方で、もともとこの店の先代の番頭だったそうで、先代が引退する際に店を譲り受けたそうだ。
当然Sudekのことは知っているだろうと思い、買い物次いでにヤンさんに聞いてみることにした。

そうすると簡単に、
“スデクはこの店にも良く来たよ”

はじめから聞いておけば良かった。
Sudekの写真を見ながら話を聞くと、カメラの正体はどうやらアグファだそうだ。
おそらくAgfa Billyという6x9のフォールディングカメラだろう。

http://www.thecamerasite.net/03_Folder_Cameras/Pages/agfabilly.htm

ただしスデクのことだから、必ずしもレンズはアグファではなくDagorとかWollensakあたりじゃないかなあということだった。
Sudekはよくヤンさんの店で、そのあたりに転がっているレンズをちょくちょく買って帰ったそうだ。
ヤンさんの話ではスデクは意外と面倒くさがり屋で、カメラにレンズを唾つけて貼付けていたという話も聞くことが出来た。

そのままその話を清家氏に報告すると、AGFAという答えに納得されていた。
その宿題は3ヶ月越しで解決することができた。

帰国してしばらくして清家氏とお会いできる機会があったのだが、残念ながら都合が付かず、結局いまだにお会いできていない。

ただOVER LOOKの写真展は見に行き、写真集も入手した。
OVER LOOKのコンセプトは、氏の住まいから覗いた日々移り変わる風景。

e0134658_12161634.jpg


スデクがナチス占領下に自分のアトリエの窓から撮った写真がある。
解釈は異なるが、その写真を見る思いがした。


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
Commented by 川越 at 2012-11-23 19:35 x
こんにちは。まさかこの3人の共通項があるとは思いませんでしたが、それ以上にいろいろな写真家との繋がりを持たれている事に驚きます。そいえば以前、シグマの一眼で清家さんの話しは伺ったような気がしますが。
Commented by amselchen at 2012-11-23 22:26
清家さんのCAMERA Magazineでの連載はいつも楽しみです。ライカ・レンズばかりではなく、シグマ・カメラについてもお話をうかがいたいものです。♪
Commented by 上海狂人 at 2012-11-24 12:30 x
>川越さん
これはプラハという特殊な環境にいたからでしょうね。
Commented by 上海狂人 at 2012-11-24 12:32 x
>Amsel兄、
F5.6とか最近いろんなところに連載されてますね。清家さんはシグマとライカしかデジタルには興味ないようです。ライカはいままでの道具の延長線、シグマはこれまでのベイヤーと異なるFOVEONの可能性。
Commented by sklife2007 at 2012-11-28 06:44
上海狂人さん、こんばんは。プラハの『N』です(笑)
文章を読んでいて清家御夫妻と夕食を共にしたオリンピアでの楽しい時間が蘇ってきました。

来年2月に出張で一時帰国しますので、プラハを肴に食事でもいかがですか?

Commented by 上海狂人 at 2012-11-28 23:18 x
>Nさん
もうだいぶ前になるんですね。
2月ぜひお待ちしております。お泊まりの近くにしましょう。決まったらご連絡ください。
Commented by Mami at 2012-11-29 02:13 x
こんばんは。飲んべえのMです^^;
こちらに久々に伺ったらご縁のある記事で...不思議です。
その席に私も同席したかったな。。。
写真を投げ出して帰国してしまった罰ですね。。。

なぜかこれも偶然なのか...清家さんのお写真、Reich氏の作品...
最近特に惹かれて日々拝見してたのです。
少しスランプ気味の自分に風穴を開けてくれそうな気がして
日々写真集を眺めてます。

写真とカメラで人がつながり人生が豊かになりますね。
Commented by 上海狂人 at 2012-11-29 19:04 x
>Mさん
あのイタリアンは健在ですか?美味しかったですね。
スランプなんてとんでもない、ワタシは写欲さえ起きません。
by shangkato2 | 2012-11-23 12:15 | 古機巡礼 | Comments(8)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!