Petri FT EE

土曜の午前中、いつものように撮影に出かけようとする。
空を見ると雲が多いので、ちょっと気がそがれた。
どうしようかとうだうだ悩んでいると、もう10時を過ぎている。

晴れ間が見えたのでR4に28mmと135mm、ベルビアを持ってでかける。

家を出ると10:30、撮影に行ってからではカメラ屋の閉店13:00には間に合わないので
買うつもりも無いのに、まずカメラ屋を覗いてからと思い、Jan PazderaとFOTO Skodaを覗く。

Jan Pazdelaのショーウインドーに見つけたのがこれ。
e0134658_31569.jpg







ショーウインドーにへばりつくと、本体に55mm標準、35mm F2.8、135mm F3.4と2倍のテレコン付
値段は8000円程度

それを見届けた後、まずFOTO Skodaに飛んでいき他に面白そうなものがないのを確認
お店に戻り、実物を見せてもらう。

とりあえず動作チェックをするも特に問題なさそう。
露出計が動かないので指摘すると、電池が入っていない。
電池を入れて確認すると動いていない。
よくよく見るとレバーを巻き上げなければ露出計が動かないような仕組み
シャッターをリレースすると電源が落ちる。節電としてはうまく考えられている。

お買い上げを宣言すると、裏から皮ケース、本体と全てのレンズ及びフード用の分まで
出してきて、店のばあさんとおねーちゃん2人がかりで値札を剥がしにかかる。

e0134658_361739.jpg


撮影行は中止し、カメラを持って家に帰る。
かみさんの“早かったね、えっ?また買ったの?”という言葉を笑顔で受け流し
カメラの手入れを始めた。

もともとカメラを買う気はなかったのだ。
新しいカメラを買うのなら、R4の調子が悪いからR3でも買おうと節約しようと思っていたが
11月に買ってきた日本カメラの記事にあったPetriの悲惨な歴史を思いだしたのだ。



翌日、プロビアを詰めて出かける。
途中まで動いていた露出計が10枚ほど撮ったところで急に動かなくなる。
一瞬“買ったばかりで動かなくなるとは!”と腹が立ったが思い返した。

69年発売といえば、ほぼ同級生といっていい。
とはいえカメラは誕生と同時にプロフェッショナルとしての人生が始まる。
とうことは70年代が、このカメラの働き盛り、それから30年だから人間ならもう年金生活している頃だ。

露出計が動かないことくらいなんでもない。
それよりも長年外国を放浪していた、この日本のカメラが、最後に日本人の手に戻って
最後の花を咲かそうとしているのだ。


そう思うと、このカメラがとても手に馴染んでくる。
F-1とほぼ同世代のカメラのはずなのに、F-1にはそうした郷愁はわかないのに、
なぜかこのPetriには、ものすごく愛着を感じる。


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
Commented by wszystko_exakta at 2009-03-17 06:34 x
ボクも最近ペトリの一眼1号機「ペンタ」買いました。M42なのとオーストラリアでぶっ壊れていたのを救出帰国。日本の経済成長を支えた兵士。傷病残留軍人みたいで「御苦労さま」というような感じ。昔はペトリなんて馬鹿にしていたのですが、悪くない作り。倒産前のペトリは苦し紛れのモノマネばかりしていましたが、昭和40年代頃のペトリは独創性と心意気が見えます。
Commented by september30 at 2009-03-17 07:31
F1に感じない郷愁とか愛着をペトリに感じるというのはなぜでしょうね。カメラにあまり詳しくない私ですが、F1の方がペトリに比べれば一つも二つも格が上、だと思うのですが・・・・
Commented by 上海狂人 at 2009-03-17 18:17 x
>wszystko_exakta様
 あくまでも悪くないというレベルですが、それでも意外に個性的で使い勝手も悪くないカメラですね。プラハには結構ペトリやチノンなどマイナーなカメラが眠っているので、こちら方面も増えそうです。
Commented by 上海狂人 at 2009-03-17 18:22 x
>September30様
 F-1のほうが遥かに格は上です。ペイントの質も最高、巻き上げ感、リレースのフィーリング、過酷な条件下での安定した動作、間違いなく当時の最高峰でしょう。Petriは入門機レベルですし、ブリキのオモチャみたいな感触です。
でもなんというか、F-1がミス日本だとしたら、Petriはちょっと気になる可愛い同級生という感じでしょうか。
Commented by tabirin2000 at 2009-03-18 21:33
いいことおっしゃいますね~...
ホントに。同感です。
隠居生活してたカメラがまた社会で再デビューですから
ゆっくり、ゆっくりは当たり前ですね。
大切にしてやらなくっちゃね^^!

それにしても...カメラらしい、すてきなカメラ。
こういうデザイン大好きです。
また...買っちゃうお気持ちわかります。

そして...海のような心の奥さま。すばらしい。
狂人さん、恵まれてますよ~.......^^
Commented by 上海狂人 at 2009-03-19 01:50 x
こちらに来て初めて買った日本のカメラですからねえ。
それに今はもう無い会社ですが、OBが経営するカメラ修理会社でOBの職人がリペアしてくれるというのが素晴らしい。Canonなんて会社があるのにこの時代のカメラの修理なんて足蹴にされるようですから。だから今のCanonは嫌いです。

実は露出計が何故か動き出しました。
思いが通じたのか、ただ長年使っていなかったので接触が悪かっただけなのか。

このカメラのデザイン、典型的なんですが、実はロゴのあるペンタ部分に角度がついていて、梁が張り出すような力強いデザインなんです。機構も独特で実はシャッター優先のAEを機械式で作動しているカメラなんです。

かみさんの度量の広さには感謝しています。
ただ小遣いの範囲内ですので、額はたかが知れています。
(とはいえ既に中古のニコンD3買うくらいは使ってますけど)
でも時々テポドンが落ちるんです。
それでリビングに置いてあったカメラが、空き部屋への強制移住を命じられました。
Commented by momili at 2009-03-19 05:02
色んなことに想いを馳せてるうちに、どのカメラもかわいくなってしまうのですよね
よーーくわかります
Commented by 上海狂人 at 2009-03-19 17:36 x
>Momi様
 そうなんです。そろそろペースダウンしようと思っているのに、ショーウインドーの向こうからオイデオイデをするんです。
Commented by zappa_gong at 2010-02-15 13:58
過去の記事へのコメントで申し訳ありません。
ただ、自分もペトリFTを使うものとしてうれしくなってつい・・・。

かってにリンクさせていただきました。
また遊びに来ます。
Commented by 上海狂人 at 2010-02-15 18:06 x
>zappa_gong様
 コメントありがとうございます。
過去のでも問題ございません。ご遠慮なくどうぞ。
ペトリはあまり使っていないのですが、手放したくない気持ちになります。
たまにシャッター切って感触を楽しんでいます。
by shangkato2 | 2009-03-17 03:30 | その他のカメラ | Comments(10)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!


by shangkato2