カテゴリ:Leica R( 131 )

e0134658_2291686.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2015-03-16 22:08 | Leica R | Comments(0)

e0134658_22302799.jpg

Leica R4, Elmarit-R 28mm

こう暑いとスイスの涼しさが懐かしい。
2008年に行ったときには雪さえ降った。

初めてチェコに降り立った次の日も8月だというのに13度しかなかった。

今年は欧州も猛暑というが、日本の蒸し暑さは異常だな。
こんな所長いをするところではないな。

はやく何処か異国に行かせてくれないかなあ。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2013-08-11 22:34 | Leica R | Comments(2)


e0134658_2235977.jpg


そういえば2009年の今頃、ベルリンに行くことにした。
蚤の市巡りがほとんどそれの目的だった。

ドレスデン方面からライプチヒを抜けて行くあたりで工事のために車線制限されており思ったより到着まで時間がかかった。

e0134658_22392315.jpg


特に美味しいものを食べた記憶は無いが、蚤の市が多く、ぶらついているだけでも楽しいところだった。

e0134658_2241115.jpg


デパートでは今でも使っているポールスミスのカバンに一目惚れして購入した。
また再訪しようと誓ったが結局この1回だけで終わってしまった。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2013-07-15 22:43 | Leica R | Comments(0)


e0134658_22494086.jpg


5月の連休に引っ越しをしたが、まだ部屋の整理が纏まらない。
当然のことでキャパに対して、その物品が多すぎるから仕方ないことなのだが
段ボールにしまったままにはしたくないのでほとんどのものを出してしまっているから
余計に置く場所に困っている。

撮ったことも忘れていたネガとスキャンCDが出てきた。
上の写真はおそらくチェコで最後に撮ったものだと思う。
フォトシュコダに現像に出す前に余ったフィルム消化でその辺りを適当に撮ってから出すのが習慣だったからだ。
ただしどのカメラとレンズを使ったか記憶が無い。

8月の最後の週末に行ったドレスデンの光学博物館の写真もあるから、2011年8月のもので間違いない。データも2011年8月23日とあった。

下の写真は、そういえばZEISS IKONの跡地をそこで作られたであろうContax1とSonnarで写すという企みで撮られたものだ。
それを達成して満足していたはずだが、撮ったことさえ忘れていたというのは、満足したからこそなのかもしれない。

e0134658_2335139.jpg


もうすぐ帰国して丸2年も経つとは思えない。
やはり40代になると時間の経つのが早くなるようだ。
あまり年寄りにならないうちに、また海外に出して欲しいのだが。
ヨーロッパなんて15年後でいい。
アジアに行くなら今なんだ。まだ気力と体力があるうちでないと新興国に立ち向かって行けない。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2013-06-23 23:15 | Leica R | Comments(3)

e0134658_22332130.jpg


あの頃なにをしていたか。

週末の土曜午前は大抵カメラ屋を覗きに行っていた。
それ以外はたまに近所を撮り歩いていた。

この風景は好きだったなあ。
ワタシにとってのプラハの景色はアパートからの眺望とここの景色だった。

なんでもないものが面白く見えた。
いまはなんでもないものが、なんでもなく見える。

e0134658_22335532.jpg


e0134658_22341323.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2013-01-12 22:37 | Leica R | Comments(4)

帰り道に


e0134658_07673.jpg

R4、Macro-elmarit-R 60mm, Provia

チェコでの格好の撮影ポイントの一つはプラハからピルゼンの往復の通勤路だった。
日本では考えられないダイナミックな風景や空に出会うことが多いので、毎日ではないが通勤車にカメラを入れておくことが多かった。
朝にそれほど余裕があることは無いが、帰り道は気軽に道ばたに停めて撮ることも可能だ。
特に帰り道はとりたてて急ぐ訳でもないので裏道を通ることが多く、その裏道が誰にも邪魔されずに撮影できるところでもあるのだ。

e0134658_0135330.jpg

R4、Elmarit-R135mm

e0134658_0193785.jpg

R4, Macro elmarit-R 60mm EBX

日本での生活との差は、そんな些細なことなのだが、それはどうやら重要なことなのらしい。


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2012-09-08 00:23 | Leica R | Comments(8)

ATELIER 263

e0134658_1448178.jpg

R4,Elmarit-R35mm, ADOX CHS25


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-08-25 14:48 | Leica R | Comments(0)

e0134658_2375443.jpg

Leica R4,elmarit-R 28mm, Kodak Gold 200

一昨年の今頃。
もうそろそろ帰るんじゃないかと思い、かみさんの一言で両親を呼ぶことに。
ミュンヘンまで来てもらい、空港まで迎えに行き、そのままザルツブルグとウイーンと周りプラハまで。
親孝行ごっこと思い呼んだのだが、思ったより両親が楽しんでいた。
2011年だったらそんな余裕は無かったから良かった。

e0134658_23113216.jpg


e0134658_2312097.jpg


e0134658_23124835.jpg


e0134658_2313765.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-07-16 23:14 | Leica R | Comments(0)

Cappuccio

e0134658_22383045.jpg

LeicaR4,Macro elmarit-R60mm, Sensia100

イタリアで飲むカプチーノは美味しい。

初めて上陸した欧州に特に楽しみにしていたものというのは無かった。
しばらくして運転に慣れていろいろ出かけるようになると、ドイツのホテルの朝食に出るコーヒー、パリのカフェオレ、これらは本当に美味しいと思った。

日本に戻ってきて残念なのは、カプチーノにパウダーがかかっていること。
なぜそう思うか。

イタリアで初めて覚えたのがカプーチョという言葉である。
イタリアに初上陸して、初めて寄ったサービスエリアでカプチーノを頼む。
カウンターのおばさんは、なにも無かったように‘カプーチョ一つね’とつぶやく。
周りのイタリア人を見てもカプチーノをカプーチョと頼んでいる。
それでカプチーノをカプーチョということを知った。

サービスエリア、ホテルの朝食。
プラハで飲むそれとは段違いだった。
イタリアのカプチーノには日本のようにパウダーがかかっているのは見たことが一切無い。
コーヒーの香ばしさと牛乳のコク、それが絶妙だった。

それ以来、カプチーノにパウダーがのっていると違和感を感じるので、コーヒーショップでカプチーノを頼むとき、必ずパウダーは要りませんと頼むようになった。

カプチーノにパウダーは要らない。
それがワタシの結論である。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-05-24 22:50 | Leica R | Comments(4)

サンタクロース、夏


e0134658_23232786.jpg

Leica R4, Macro elmarit-R 60mm, AGFA APX-100


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-04-19 23:24 | Leica R | Comments(0)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!