カテゴリ:その他のカメラ( 31 )

オリンパスフレックス

e0134658_23161422.jpg

先日、上野アメ横近くのカメラ屋を覗いた。
このところ2眼ばかり眼につく感じがするが、ガラスケースの奥にオリンパスフレックスを見つけた。
手前にあるのがF3.5のレンズが着いているものだったが、奥にあるものを踵を上げながら覗くと、F2.8付きのモノだったが、信じられない値段が付いていた。

一旦店を離れて、他の用を済ませて戻りカメラを見せてもらうことにした。
札の注には、レンズ曇り、とあった。

店主曰く、“曇りさえ無ければ動作も問題ないのにねえ、残念だね”
バルブにしてレンズの状態を見せてもらうと、やはり曇りとカビに似た白い点々があるが、この当時のオリンパスのレンズ特有の症状だそうだ。曇りの無いものを見つける方が難しいようだ。

店主から2眼を買う時の注意事項を教授頂き、値札の金額を支払って店を離れた。

F2.8付きの高級2眼は初めてだし、ローライフレックス買うより遥かに安いし、国産の高級機でいうと、これかフジカフレックスが欲しかったから、曇りがあるにしても納得の買い物だった。
愛機フレクサレットと比べると重厚で、きっちり作られている。
ファインダー覗いてみると、見慣れない画角。75ミリと若干広角よりの焦点距離だからか、被写体からの距離を感じた。たった5ミリの違いなのに面白いものだ。

なかなかフイルムカメラを持ち出すことさえ少ないが、5月初頭の煩雑な諸事が終わればゆっくり遊んでみたい。
このカメラもそうだが、コニオメガフレックスもそろそろ持ち出したいところだ。

にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2013-04-21 23:31 | その他のカメラ | Comments(6)

このところのカメラ

e0134658_2343548.jpg


近所のフリーマーケットで入手したNikomat。
皮ケースに入っていて、おそらく大事に仕舞っていたのだろう。
おかげでボディは綺麗だが、レンズはカビで真っ白。


e0134658_23433171.jpg


帰国してから、それほどカメラを買わなくなった。
興味が無い訳ではないが、そこまで一生懸命になるほどではなくなったのかもしれない。

SEMFLEXは日本で初めて行った銀座のカメラ市で購入した。
銀一のカウンターの上でかなり安かったが、レンズが曇っているという。

e0134658_23475036.jpg


だいぶ経ってから試し撮りをしたが確かにかなりフォギーになってしまう。
でもその中にも芯がある。
曇っていないレンズのものも是非一台欲しい。

海鴎のほうは1月に秋葉原のカメラ屋で入手した。
中国好きにも関わらず1台も持っていないのも問題だからだ。

e0134658_23505665.jpg


写りは可も不可も無い。
というとたいしたこと無いのかというと、そうではなく好みの問題でフレクサレットよりは固い写りがする。なにも言わなければ中国カメラとは思わないだろう。
しかしフレクサレットがオートマットだったので、裏窓式のカメラはちょっと慣れない。
慣れの問題なのだろうが。

あまり撮らなくなった日本では二眼くらいのテンポで写真を撮るのがちょうど良いかもしれない。
もっとコレクションを絞って二眼系にシフトするか。
いっそ二眼のデジタルでもでないだろうか。

にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2013-04-01 23:59 | その他のカメラ | Comments(4)


e0134658_2251853.jpg

ADOX POLO, Radionar 45mm F2.8,FOMA400

このカメラはかみさんのチェコ語の先生の友人である神父さんに頂いた。
教会でのパーティーに呼ばれて遊びにいったときにフレクサレットをぶら下げていったら、面白がって古いカメラが好きなら、と譲ってくれたものだ。

普及品で、ほとんど情報がない。
ただ頂いたものはほぼ未使用と言っていい。
とりあえずFOMAを入れて使ってみたらこれは驚いた。
とても躍動感のある描写をする。

この1回以後使ってはいない。
距離系もないし、作り自体は普及品、ソビエト品のような粗悪さは全くないが、カメラ自体は面白みがないのであまり使う気がおきなかった。

e0134658_22513098.jpg


e0134658_22515414.jpg


e0134658_22522482.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-05-13 22:59 | その他のカメラ | Comments(8)

e0134658_2301043.jpg

Zeiss Ikon Nettar, Novar-Anastigmat 75mm F6.3, FOMA 100

先週末、天候が悪く外出しなかったので、昔撮ってスキャンしていなかった写真をようやくスキャンをしてみる気になった。

プラハ城裏のアンティークショップで買った初めての中判。
このフイルム1本通しただけで以後使わなかったが改めてスキャン画像を見ると悪くない。
端正な写りをする。
このころのZeissはレンズの調達ができず、SchneiderやRodenstockから調達している。NovarもたしかRodenstockからの調達だったように思う。

Rodenstockというと以前Retinaのヘリゴンでその写りに関心した。50mmでは一番好きな写りだった。
このNovarも、もう少し使ってみれば良かった。

いままでスキャンしていなかったものをスキャンするのはなかなか面白い作業だ。
そのあとはスイス旅行の写真をスキャンすることにした。

e0134658_23123568.jpg

Rollei SL35, Xenon 50mm F1.8, UC200

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-04-24 23:13 | その他のカメラ | Comments(4)

Vchod(入り口)

e0134658_21425116.jpg

Werra, tessar F2.8, Centuria 200


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-17 21:45 | その他のカメラ | Comments(0)

銚子

e0134658_2232484.jpg


e0134658_22271422.jpg


先日、銚子まで仕事で行く。
仕事はともかく、とても寂れた町で、あまり見て歩こうという気になれる町ではなかった。
海までも歩くには遠いし、なにか駅の近くに名所があるわけでもない。
さりとて、昼食をとる店も観光地価格で、安く美味しいものというのも難しい。

某醤油メーカーの工場直売書でしょうゆアイスを食べたが、これは美味しかった。
寒いのがいまいちだが、醤油がアイスにコクを出すようでコーヒーアイスを食べているような感がある。

駅でもらった地図を見ると銚子カメラ博物館があるという。
駅から10分程度歩くと、パン屋がある。
後で知ることだが、この店の先代がカメラ好きだったらしく、先代のコレクションがずらりと並べられている。確かに多くのコレクションが並べられているが、重複するコレクションもあった。ワタシの持っているものの方が良いものもあったが、この片田舎でここまでそろえられたのは尊敬に値する。

e0134658_22273644.jpg


仕事でなければゆっくり町を歩いてみたかったが町自体はそれほど大きくもない。
車一台必要だ。
いつまた日本から離れるかもわからない。その間はせいぜい日本を楽しむことにしよう。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-04 22:42 | その他のカメラ | Comments(4)

Koni Omegaflex-M 試射


37180002


先日購入したKoni Omegaflex-M。
一度試写したきり使っていない。
でか過ぎて持ち運びには不便だし、かといって近所撮るには大げさすぎる。
帰国日まで秒読みに入ったからには余計に持ち出す気になれない。

e0134658_823270.jpg


とりあえず期限切れのRollei retro400とPortra160で試写してみることにする。

モノクロ、カラーいずれも繊細な絵になる。
ヘキサノンは世評の高いレンズであるが、このレンズはテッサータイプのようだが
いままで使ってきたものと比べると、あまりにも繊細で被写体を選ぶようだ。
35mmや6X6のような気軽なスナップには向いていない。

じっくり被写体と向き合い、大判のように丁寧に撮るカメラだ。
本当ならこれでチェコの風景と向き合ってみたいが、もう時間が無い。

しかしこれをぶら下げて歩いたら大層目立つだろう。
一見、二眼レフだからそのように見られるが実は6×7でしかも2kgを越す超重量級と知ったら、ちょいと物知りのフルサイズを首から提げたニコ爺くらいなら簡単に逃げ出してしまうだろう。

仕方ない。
しばらく新しいカメラの入手には手が回らないだろうから、帰国したら少々使い込んでみるか。


37180005

000023810009

000023810001


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2011-08-21 08:21 | その他のカメラ | Comments(14)

2眼界の覇王

e0134658_17114015.jpg


果たしてこんなものを手に入れてよいのだろうか。

ある日Foto Skodaの中古ページを覗いているとそれはあった。
更新したばかりでまだ画像も出ていない。
カメラ名だけ出ていたので恐る恐る取り置き依頼を出した。

ユーザー登録してあるので取り置き依頼の処理をすると自動返信が来る。
それだけではまだ予約確定にならない、それを見た店員が確認のメールを送信して来るまで待たなければならない。
予約手続きしたのは金曜の夜。
普通であれば土曜か月曜には返信が来るが待てども来ない。
後で予約手続きをしたカメラの返信のほうが先に確認メールが来てしまったので催促をしてみた。
そうしないと予約がかぶっている場合、それを逃す可能性もあるからだ。

しばらくしてokのメールが来た。

手に取ってみると破壊的なまでの造形。
王者Rolleiflexにある構成美や風格というものではなくただただ暴力的なのだ。
まさしく王者を蹴散らす覇王の存在感。


眺めては悦に浸っているが恐ろしくて、いまだ試射にも踏み切れない。
レンズはコアなファンがいるものだから描写自体に問題はないはず。
試射用に買ったはずのPortra160だがFlexaretに入れそうになる。

追々使ってみるつもりだが、気軽に持ち出せないのはなぜだろう。
果たして使いこなせるか、不安である。


e0134658_17124675.jpg


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ

正体は
[PR]
by shangkato2 | 2011-07-17 07:17 | その他のカメラ | Comments(10)

Dacora Dignette


e0134658_3144039.jpg


このカメラは去年の4月に買ってから一度も使っていない。

これを買ったカメラ屋は、よくチョートク先生の話にもでてくる教会の前のカメラ屋である。
以前は店の一部でアクセサリーを売っていたのだが、いまではアクセサリー屋の一部でカメラを売っているようになってしまい、めぼしいものが少なくなってしまった。
平日しか空いていないので滅多に来れないのでなにか買わなければと思い買ったのである。

Steinheil製のレンズという点も購入理由の一つではある。



e0134658_3152079.jpg

DACORA Dignette, Cassar 45mm F2.8, Kodak200


なにか不思議な写りをする。
露出に問題があるのか、格安処分フイルムを使ったせいなのかわからないが、これも個性だろう。
色は渋いが発色していないわけでもない、あまり解像度の高いレンズではないが、普及品のレベルと言い切れない不思議な感触がある。

本当はいろんなフイルムを使って試してみればいいのだが、とりあえず撮ったことで良しとする。
モノクロくらいは試してみてもいいかもしれないが。

e0134658_3175857.jpg


e0134658_3183053.jpg


e0134658_3185848.jpg


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2010-10-02 10:02 | その他のカメラ | Comments(17)

Optineta


e0134658_5474774.jpg



Optineta

このカメラは3番目に買ったカメラである。
2008年3月頃だったと思う。
2番目がKiev4で同時に購入し、テスト撮影したのだが、当時はまだ慣れていないのもあって巻き上げ不良でフイルムを2本駄目にしたところで使わなくなってしまった。
従っていままでこれの描写を見ていない。

ようやく2年越しに使う気になった。
もともと、このデザインは気に入っていたし、ファインダーが非常にクリアで、しかもOpemaと違いフイルムサイズは通常のものなのも良かった。
手持ち部分の皮は淡い国防色であるにも係らず、ミリタリーカメラのような重厚さを感じず、むしろ艶やかな女性的なデザインである

デザインはVoigtlanderのProminentに似ているといわれるが、これには距離計がない。
実はほとんど市場に出てくることは無いが、これが発売された56年に同時に発売されたMETAⅢというレンジファインダーがあり、それがProminentに似ている。
METAⅢのデザインはOptinetaに距離計を付け、皮部分がオーソドックスな黒皮のもの。
デザインだけで言うならOptinetaのほうが良いし、名前も優雅でいい。

話が逸れるが、METAというのは50年代初頭から作られていて、初代METAからⅢ型まである。
Opemaの製造が1948年からで、いつ終了したのかは分からないが、55年頃までの販売実績はあるようだから50年前後までと思われる。METAはまったく形を変えたOpemaの後継機といえるかもしれない。そういうことであればOptinetaは距離計なしOpema1の後継機とも言える。

初代はレンジファインダー無し、2代目からレンジファインダーが付くがレンズ交換はできない、3代目になってようやくレンズ交換可能になるが情報が少なく、スクリューなのかバヨネットなのかどういうマウントなのかはわからないし、交換レンズがあったかさえもわからない。
存在を知ってから欲しいと思っているんだが、いまだに見つけたことは無い。

それでOptinetaの写りはというと、まるでソフトフォーカスレンズのように滲んだ絵になる。
夢でも見ているようでこれはこれでいいかもしれないが、これは本来の写りではあるまい。
レンズをチェックしないで使ったので、もしかしたら曇っているだけかもしれない。
なぜなら某所で見たOptinetaの作例は非常に繊細で色のりも良かったからだ。

いずれにしても、2年前に購入して以来あまり見かけないが、もう1台入手しても良いかもしれない。

e0134658_5491126.jpg
e0134658_549247.jpg


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2010-09-16 09:16 | その他のカメラ | Comments(6)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!