カテゴリ:Contax / KIEV( 34 )

e0134658_22575249.jpg

KievⅣ、Jupiter8M, FOMA 100

Flexaretに味をしめ、35mmフイルムが使えるカメラが欲しくなった。
それほど高価ではなく、メカとしても面白そうなもの。
FOTO SKODA のガラスケースで目についたKIEVにした。
露出計もだいたい問題ないレベルで動いている。

ドボジャーク博物館の近くに面白い建物があるから見に行くついでにKIEVにFOMAを詰めて出かけることにした。

生まれて初めてのモノクロ写真。
色がないものが出来上がってきて覚えた初めての小さな感動だった。

これで失敗していたら、その後の100台にはならなかっただろう。
そういう意味では初めて買った35mmカメラがKIEVだったのは、その後の趣向に大きな影響を与えた。

e0134658_22581930.jpg


e0134658_22583755.jpg


日本に帰国してカメラ関連で感動する出会いをしていない。
デジタルのメイン機材が欲しいと思うものの、いまいち乗り気ではないのは、モノとしての面白みが感じられないからだろう。

今の世の中、感動するようなモノを作り出すのは困難な時代なのだろうが、興奮するような製品をぜひ作ってほしいものだ。

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-05-02 23:08 | Contax / KIEV | Comments(6)

e0134658_21394742.jpg

ContaxⅢ、Sonnar50mm F1.5, GOLD200


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-25 21:40 | Contax / KIEV | Comments(6)

JAN PAZDERA


e0134658_18592354.jpg

CONTAX TVS, Superia Venus 400

プラハ行きつけのカメラ屋の一軒である。
だいぶここで買った。
なによりほとんど言葉が通じないが、白髪のPAZDERAさんとのやり取りが楽しかった。

最後に帰国の挨拶ができなかったことだけは残念である。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-18 19:02 | Contax / KIEV | Comments(0)

雪国

e0134658_23424461.jpg

Contax 2, Sonnar F1.5, Irford xp400

12月にマイル消化で秋田に行った。
1泊2日、ほとんどどこを見る時間もなかったが、初めて食べたハタハタもしょっつる鍋も美味しく満足したショートトリップだった。

e0134658_23473168.jpg



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-02-19 23:47 | Contax / KIEV | Comments(2)

エルベ川 / ブルタバ川

Labe v Dresden
ContaxⅡ、Sonnar 50mm F1.5、Irford XP400

写真はドレスデン近郊である。

エルベ川の源流の一つがモルダウと呼ばれるブルタバ川なのだが、住まいの前を流れている川がここまで来るという当然の事実になんだか感慨深いものがある。

Contaxマウントのレンズはいくつか所有しているが、やはりイチゴゾナーSonnar50mm F1.5が一番良い。戦後のものは持っていないので戦前のモノになるが、同じ絞ってもF2やテッサーとは違う。

チェコは7月5日と6日が祝日だった。
どちらも宗教的祝日で(もともと休日の存在自体が宗教的なのだが)5日は聖キュリロスと聖メトディウスの日で6日はヤン・フスの日である。前者は聖書のスラブ語訳を行った、後者は言わずと知れた宗教改革者である。
そう考えるとチェコという国はスラブ的であり欧州の中の異質な存在であり、それを自負していたように思える。だからあまり影響力の大きな国とは思えないのに欧州の中で存在感のある国なのだろう。

4日は祝日ではないのだが休みをもらい連休にし、再度アルザスに向かった。
前の印象通り、素晴らしいところだった。

阿呆のように撮りまくり、3泊の滞在で10本以上フイルムを消費してしまった。
それにワインの調達も忘れずに26本購入した。
ワイン蔵は前回気に入ったFrancois Baurという蔵のものと新しいところ。
新しいところは無理やり開けてもらったのでお義理で買ったがFrancois BaurはGrand cruに特化して生産しているので値段も高いが品質が良い。
流石にここで22本買ったら、クレマンというアルザス地方のシャンパンを1本サービスしてくれた。
試飲したが、知名度が低いだけでシャンパンに劣らぬ素晴らしいスパークリングワインだ。

今回新たにPinot grisの特別醸造を買ってきたが、これがまた甘露というべき美酒である。
いまからいつ飲むか楽しみにしている。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2011-07-08 07:08 | Contax / KIEV | Comments(8)

伝説の山 Hora Rip

Hora Rip
Contax Ⅱ、Sonnar 50mm F1.5, Irford XP400


スラブ系の建国伝説があるそうだ。

ある3人(兄弟?)のスラブ人がそれぞれここが自分の国だ、としてロシア、ポーランド、チェコが生まれたそうだ。
細かいところはそれぞれの国で違うらしいが大枠はこんなところらしい。

そのうちの1人がある山の上に登り、
「ここからみえるところを我が領土とする」
と宣言して国を建てたのがチェコの始まりだそうだ。

プラハから北上すると50KMくらいのところにその山がある。
Hora Ripという。
そんな山だから大層な山かと思ったら、何のことはない山というより丘という程度のもの。

チェコ人も随分奥ゆかしいものだ。
現代のチェコ人とオーバーラップしてなにやらおかしい。
国境付近に行けばもっと高い山もあるのだから、もっと欲張っていればもっと大きな国土を持てただろうに。



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2011-06-23 06:23 | Contax / KIEV | Comments(8)

Vyšehrad その2

Vysehrad 3
Contax Ⅱ、Sonnar 50mm F1.5, Irford XP400


ヴィシェフラド。
伝説ではプラハの最初の城が建てられたのがここだそうだが実は考古学的にはプラハ城のほうが古いそうだ。

住まいから車で5分。
例のごとく丘のふもとに車を泊めリュックに機材を詰め登って行った。

かみさんの言うバラの咲く壁を探さなければならない。
ところどころにバラが咲いているのを見かけるが聞いたほどのバラではない。
公園といってもかなり広い。
ぐるぐる探し回るが、どうやら曲がるところを一本間違えていたようだ。

Vysehrad 2

Vysehrad 1


城壁の中の公演はは芝が植えられていて、ところどころで昼寝をしたり読書をしたり会話を楽しんでいたりゆったりした時間が過ぎている。
子供の頃よく遊んだ横浜の根岸森林公園を思い出す。

かなり歩き回ったので喉が渇いた。
皆アイスクリームを買っているのを横目に見ながら水だけ買って我慢する。


Vysehrad 4

Vysehrad 6

Contax用のゾナーだが、現在所有しているのはF1.5、F2、戦後のF2の3種類。
キエフ用Jupiterを入れれば4種類になる。
この中で一番気に入ってるのがF1.5。
F2の描写はなにかまったりしたところがあるし、戦後のF2は現代的描写で間違いのないレンズなのだがF1.5の写りと比べるとなにか満足感に欠ける。

一方で同じ50㎜にはTessar F2.8とF3.5もあるのだが、こちらは内部反射が多いのかフレアが多い。F1.5とは同時期なはずなんだが当時テッサー付のContaxとゾナーF1.5の価格が同程度だったそうだから流石にフラッグシップはその点の基準が厳しいのかもしれない。


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2011-06-11 06:11 | Contax / KIEV | Comments(7)

Vyšehradへ その1

37410035
Kiev 10, Helios 81 ABTOMAT, Rossmann 200

急にヴィシェフラドに行きたくなった。

かみさんが学校の授業でヴィシェフラドの墓地を見学に行ったのだが、公園の壁にバラが植えられており綺麗 だったということを聞いたからだ。
プラハの中でも好きな場所であるが、観光地の割に人も少ないのが良い。
近くには有名なキュビズム建築が3軒も集中しているが、ヴィシェフラド自体には特別なものはほとんどない。共同墓地がありチェコ人にとっては大事な存在であるスメタナ、ドボルザーク、ムハ(ミュシャ)やチャペックなど多くの著名人が眠るところだが、外国人にとってはあまりピンとこない。
丘の上にあるそこの魅力の一つはその絶景にもある。ただ観光ツアーとしては見どころは少ないからあまりツアーでは来ないし、個人旅行でも街中からはちょっと離れるから腰を上げて行こうというには微妙なところかもしれない。そこが逆に魅力でもある。

日曜の午後。天気も良い。
カメラはなににするか。

バラを撮るから、まず中判は欲しい。 Pentax 6X7は決まり。

35㎜はどうする。
SL2000fが撮りかけフイルム入りだから、これに28㎜と200mmにする。

モノクロも撮りたい。
ContaxⅡにも途中のフィルムが入っている。レンズはゾナーにしよう。

さてこれで充分なのだが+α。
久しぶりにKiev 10を持ち出すことにした。レンズは50mmと135mm。

e0134658_2355632.jpg


いろいろ不具合は多いが、このKiev10がなかなか良いのである。
まずだれも普通使わないだろうという存在も良いのだが、その描写は侮れない。
社会主義の停滞とともに消えて行ったが、西側のカメラ競争で揉まれて育てば、その世界初のAEカメラという先進性といい、ロシア構成主義に基づいた大胆なデザインといい、レンズの優秀さといい、ユーラシア大陸東端の国のカメラにも引けをとらない存在になったかもしれない。少なくともContarexやLeicaflexの好敵手にはなりえただろう。

37410023
Kiev 10, Helios 81 ABTOMAT, Rossmann 200

37410027
Kiev 10, Jupiter11 135mm, Rossmann 200

37410029
Kiev 10, Helios 81 ABTOMAT, Rossmann 200

37410026
Kiev 10, Helios 81 ABTOMAT, Rossmann 200


2時間半程度の滞在でフイルム5本消化。
それぞれそれなりの結果だったが、意外だったのはKiev10だけではなく、Contaxにつけたゾナーがいい仕事をしてくれた。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2011-06-10 06:10 | Contax / KIEV | Comments(10)

共同渡生

Vysehrad 7
Contax Ⅱ、Sonnar 50mm F1.5、Irford XP400


”そんなに怒らないで”
”仲良く生きていきましょ”
”まだまだ長いんだから”



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2011-06-08 06:08 | Contax / KIEV | Comments(2)

ニュルンベルグへ

72970004
ContaxⅡ、Jupiter12, AGFA VISTA200


この季節になるとあちらこちらで蚤の市が開かれる。

フランスやらベルギーにも行ってみたいが気軽には行けない。
比較的近場で行ける中ではニュルンベルグの蚤の市がいままでで一番良かった。
春と秋の年2回開催される。
今年はミュンヘンの蚤の市に行きたかったのだが都合が合わなかった。

この日のメインはContaxⅡにJupiter12、Altix用35㎜ファインダーをつけて出かけた。
Reicaflex SL2にマクロエルマリートをつけたものも持って行ったがあまり使わなかった。
Jupiter12に関していうと、いままでは持ってはいたが35㎜が苦手であまり使っていなかったのだが、最近発病した35㎜インフルエンザで、Distagonに始まりElmarit-Rでも良い結果が出ていることもあり久しぶりにひっぱりだしたのだ。


e0134658_053083.jpg


e0134658_0543893.jpg


72970011

流石に一眼と比べるとコンパクトで良い。
被写界深度でしか撮らないのだから本来レンジファインダーでいいはずなのだ。
ピント合わせの必要のない広角のスナップはこういうときには気持ちが良く写真が撮れる。

このレンズもいい描写だ。
やはり本家Biogonも欲しくなる。

この蚤の市は本当に気持ちが良い。
業者の出店もあるのだが、素人の出店も多い。
街の中心街は歩行者天国になっていて、街中いたるところに出展者がいる。
なにより皆がお祭り気分なのがいい。

この日はかみさんが鍋敷き、皿、刺繍のテーブルクロスやエプロンなどを買い込んだ。
2人で気に入ったものイギリス製のマホガニーでできた高さ1mのアフタヌーンティ用のケーキスタンド。
出展者は、いつも品の良い銀食器を出店しているおばさん、本職は学校の先生だとか。アンティークが趣味でイギリスまで良く行くそうだ。

ワタシのものとしてはManfrottoの三脚を下のオヤジから購入。
以前もこのオヤジのところにGittoがあったが1回りして戻ってきたら無くなっていた。
実用にもならないクラシックな三脚は持っているのだが、きちんと使える三脚は持っていない。
今回は躊躇せずに購入した。

このオヤジ、Contaxを見て、
「おーContaxか。良いカメラ使っているな。レンズは、えーっと、ユピターか!これはなかなかいいレンズだな」
2順目のときにも愛想よく手を振ってくれる。

しばらく歩いていると、後ろから声かけてくるオッサンがいる。
最初はいきなりだから怪しいオッサンかと思ったら、
「なんのカメラ使ってるの?Contaxだね。」
「実はニュルンベルグ近郊のカメラ市を主催していてるんだ。そうだ9月に開催するんだがパンフレットあるからあげよう」
「レンズはなんだい?ユピター?たぶんカメラ市ならBiogonが見つけられるよ。」
そのオッサンはズーム付のくたびれたヤシカの一眼を斜めに掛けていたが、機種名までは覚えていない。

かみさんが鍋敷きを購入した店のオジサンもワタシのカメラを見て、
「Contax? いいね!」

いろいろ声を掛けられる日だった。
いやワタシに声をかけたのではない。
カメラに声を掛けたのか。
いやカメラが話をしたかったのかもしれない。
首から掛けたContaxが心なしか輝いて見えた。

72970013


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2011-05-21 05:21 | Contax / KIEV | Comments(7)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!