カテゴリ:FLEXARET( 37 )

e0134658_22121496.jpg

Flexaret 6, RVP100F

2011年6月24日
朝9:00過ぎ。
欧州担当役員より電話がかかる。

東京帰任の人事が伝えられた。
ワタシはいわゆる会社の本業の部分の仕事をしたことがなく、社会人になって早々に2年ほど働いた以外は日本での勤務経験がなく、日本で働いていたときも中国人の会社で働いたりしていたから、まともな社会人をするのは、実は40歳も過ぎて初めてだったのだ。
しかも会社の本業の、やったこともない営業職。不安に思いながらも、残り少ない生活を楽しむため7月初の連休にアルザスに再訪した。

e0134658_22133481.jpg


3ヶ月前に初めて行ったばかりのところだったが、ドイツとフランスの良いとこ取りの適度な田舎な感じが快適で、なんでいままで来なかったんだろうと思うくらい気に入ってしまった。

実はその後の最後の夏休みに訪れたイタリアもそういう感覚にさせられるところだった。

今更ながら贅沢な時間だなと思うが、ようやく日本になれてきた自分が嫌だ。
別にヨーロッパに戻りたい訳ではない。
偉くなりたいわけでもないのだから中国の片田舎にでも行かせて欲しいのだが、なかなか会社という組織は面倒なものだ。

e0134658_2214139.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2013-06-16 22:34 | FLEXARET | Comments(6)

定番の被写体


e0134658_23275972.jpg

Flexaret3, Mirar80mm, Irford XP400

プラハにいるとき、カメラを買うと大抵は近所を撮り歩いた。
アンジェル(ANDEL)という地区の丘の中腹に住んでおり、丘の上まで長い坂があるのだが、その道沿いはかつてのプルジョア階級のお屋敷が残っていて格好の被写体となった。上のキッチュな建物もその一つ。またヴィシェフラッドを見渡せる眺めの良い、しかも決して観光客なんか来ない公園もその一つだった。

e0134658_23331494.jpg

Flexaret5, Belar 80mm, Reala100

e0134658_2337596.jpg

Flexaret6, Belar80mm , Reala100

また同じところに住みたいかと言われると疑問符だが、今思えば大事な空間だったのは確かだ。

にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2012-09-04 23:38 | FLEXARET | Comments(4)

両国にて、

e0134658_23361644.jpg

Flexaret6, reala100

両国のお祭りにはFlxaretを持参。
じつは、この祭りが目的ではなく国技館前で開かれているフリーマーケットだった。
それ自体は大して面白くはなかった。

e0134658_2338773.jpg


この祭りでは各部屋が自慢のちゃんこを屋台で売られていて、3杯頂いた。
そのあと近くの甘味処でせんべいアイスをいただく。

e0134658_23365789.jpg


朝青龍のモノマネで有名(?)な芸人の‘あかつ’も店を出していた。
流石に売れない芸人だけあってファンからの写真には笑顔で対応している。
あんまり面白い芸人ではないが頑張ってほしい。

e0134658_23382752.jpg


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2012-05-23 23:44 | FLEXARET | Comments(2)

e0134658_13445392.jpg


チェコスロバキア製 中判カメラ

左2つはMilona1と2。2には1mmシフトできる。

右下はKolarex. 高級機はテッサーつきで茶色の皮で良いのだが、こちらの普及機はチェコレンズ。それが新鮮で購入。
127フイルムなのでまだ使ったことは無い。

右上はEpifocaという航空カメラ。こいつは珍しいかもしれない。実物はチェコ在住5年でこれしかみていない。

これらは売り物ではありません。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-05-12 13:46 | FLEXARET | Comments(2)

e0134658_11135078.jpg

Flexaret6, Belar 80mm , Fuji reala 100

この時は、まだそれほど写真に目覚めていた頃ではなかった。
デジカメもメモリー入れ忘れ、フレクサレットにリアラ1本だけカバンに入れて出かけた。
きちんと撮れるかどうかもわからないで、デジカメで計った露出にあわせてシャッターを切った。

当時はスキャンしてもらえることを知らなかったので全てプリントしていた。
現像があがってきたのを見て驚愕した。

あの景色の感動がそのまま残っていた。
フイルムの魔力に引きずり込まれた瞬間だった。

e0134658_11151773.jpg


これが無ければ、その後のカメラ狂いも無かっただろう。
今年はここに行けないのは大変残念だ。


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2012-04-28 11:20 | FLEXARET | Comments(4)

桜祭り

e0134658_23163689.jpg

Flexaret6, Reala100

いまの住まいは都内に出る分には大変便利だ。
というより都内なのだが、下町散策ということで門前仲町にいく分にはバスでも地下鉄でも10分程度で行けてしまう。

深川桜祭りというものがあるというのを聞いて出かける。
手漕ぎ船で川から桜を眺めるということが楽しめるそうだ。

受付に並ぶと1時間待ちというので並ぶ。
結局3時間待ったが、待った甲斐があった。

深川近辺が近所ということで、この辺は当分楽しめそうだ。

カメラはフレクサレットとDP-1s。
コストと手間考えると、デジタルに移行しようかと考えたが
結果を見ると、やっぱりフイルムはいい。

楽しむのであれば当分フイルムで良さそうだ。

e0134658_23171732.jpg


e0134658_23173683.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-04-11 23:27 | FLEXARET | Comments(4)

秋祭り

9月に今の住まいに引っ越し、ようやく落ち着いた頃、近所の通りが歩行者天国になり祭りがあった。
日本の祭りなんてのは久しぶりだ。

近所にある八幡宮は元々深川の八幡宮の本社だそうだ。
ちょっと離れたところに有名な商店街はあるが近所は寂れた商店街。
それでも愛想はないが、びっくりするような質の良い刺身を出してくれる魚屋などもあり、当初思っていたよりは住みやすい。以前住んでいた小岩のアパートのように目の前にスーパーがあるというほど便利ではないが駅から近いのは便利でいい。
ここに住んで思ったより東京が近いものになってきた。

e0134658_2227536.jpg

Flexaret6,reala100

e0134658_22274080.jpg
e0134658_22271930.jpg
e0134658_2227166.jpg


なかなか以前のように写真を撮る意欲は出てこないが、ぼちぼち撮っていこう。

PCをMACにしたらWindows PCのよりディスプレーが良いようで、昔撮った写真が新鮮に見える。
帰国するまで知らなかったが日本はフリーWifiのできるところがほとんどない。
せっかくMacbook Airにしたのに意味がない。これなら21インチのIMACにしておけば良かった。
フジのあたらしいデジカメにすれば良かったかとも思ったが、PCの選択は間違いなかった。

当分我慢しよう。


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2012-02-13 22:40 | FLEXARET | Comments(10)

神事

e0134658_2311064.jpg

Flexaret6, Fuji reala100


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2012-02-02 23:02 | FLEXARET | Comments(2)

After 30 seconds

e0134658_12522644.jpg

Flexaret6 black, reala100


e0134658_12525097.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-01-17 12:53 | FLEXARET | Comments(6)

4月のプラハカメラ市に行く。

特にないなあ、と眺めながら帰ろうとしたが、なぜか脳裡に焼きついたカメラがあった。

e0134658_5104161.jpg



もう一度戻って良く眺めてみると、チェコスロバキアのマークがある。
初期のFlexaretかAutoflexあたりか、と胸躍った。

バイヤーのオジサン、以前Exakta VXなど買ったバイヤー。
「チェコの古い2眼だよ」と言われたが、それは手に取ってわかっている。
残念ながら上部の銘板が無い。それ以外はそこそこ問題ないようだ。

初めていろいろ話したが、プラハの郊外でペンションを経営しているそうで本人はライカコレクターなので他のカメラは正直ほとんど興味ないそうだ。
スクリュータイプ(バルナックのことだろう)ならほとんどのモデルは揃っているという。

最初の言い値で渋っていると、興味があるなら、と安くしてくれた。

話し中に知人がやってきたので、お別れして会場を後にした。


e0134658_5105990.jpg


e0134658_5112294.jpg



1937年製。
Rolleiflexオートマットと同時代。

だがこちらのレンズはTrioplanF2.9という当時では明るいレンズで、Rolleiflexが明るいレンズ使うのは1950年からだから13年も早くから明るいレンズを使っている。
当時の最高スペックといっていいものだ。
シャッターはコンパ―、1/250まであるもの、当時の標準といっていい。

e0134658_5114032.jpg



Flexaretは国産のものを使い独自性を出しているが、このKamarad M2のデザインはドイツ製のレンズ、シャッターを使いながら独自のものにまとめている素晴らしいものだ。
Rolleiflexが重厚なら、こちらはスマートなデザインで、デザインだけで評価するなら当時のRolleiflexより上だと個人的には思う。

やはり当時はカメラ地政学的に言って、ドイツ東部Jena,Dresden、Görlitzから連なるところにあったと言えるのだろう。
カメラにもナショナリズムを持ち込むことも可能だが、この時代はそういうものからもっと自由だったに違いない。

いままで初期のFlexaret、Meopta以前のものが欲しいと、ずっと探してきたが、プラハではなかなか見つけることができなかった。こういうものはコレクターがしまいこんでいて、亡くなって家族が処分したりしないとなかなか出てこないのだろう。

良い買い物をして精神的に大変満足している。
写る写らないは正直どうでも良いが、試しに撮ってみなければならないだろう。


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2011-04-18 04:18 | FLEXARET | Comments(8)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!