<   2008年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

カメラオークション

http://www.westlicht-auction.com/index.php?id=112093&_ssl=off&lang=3
http://search.ebay.com/_W0QQsassZwestlichtQ2eauction

ウイーンのライカショップからe-bayに出品しているとメールが来た。
ライカショップのWEBページには載っていない商品が結構出品されている。

NASA使用のHasselやRedレザーのAlpa、Contax用アクセサリーのフルセットやらRelleiflex2.8のフルセット手が出ないが欲しいものが満載。

スタートの値段がそこそこの値段からとなっているから、掘り出し物というほどお買い得感はないかもしれない。おそらく自分の懐が痛まぬよう仕入れ値+αで出してのではないだろうか。

まだオンラインショッピングには抵抗があるので手を出していないが興味がある方はどうぞ。

こんなカメラもあるようだが、スタートが10000EUROだって。
e0134658_1746143.jpg

[PR]
by shangkato2 | 2008-05-29 16:55 | カメラ | Comments(4)

レンズによる描写の違い

先日幻想的な菜の花畑をFlexaretで撮影した6×6とドレスデンでレチナでとった写真が上がってきた。

Flexaretは思ったとおり、カラーで抜群の描写をする。
デジカメで撮ったものよりかなり良い。
これでレンズが交換できれば、もっといろいろ撮れるのにと思う。
せっかくできの良いカメラだが、レンズ交換できないという点で東欧圏の中判はPentaconに切り替わっていったのだろう。製造年代を見比べるとFlexaretの生産中止とPentaconSIXの生産開始時期と微妙にリンクしているから、この仮説はあながち間違っていないだろう。

早く中判システムを組まなければと思う。

RetinaはⅠではなくⅡのXenon付き。
解像度は高いが、ちょっと黄色がかっており、かみさんに言わせると“10年前の写真”
といった写りである。花の濃いピンクが小学生がパレットの上で水性絵の具を混ぜて作ったような毒々しい色に上がってしまう。人物は良い感じなのでカラーで使うなら人物スナップと風景の切り取りのみ。モノクロ専門でつかった方が良さそう。

KIEV用のJUPITER12、35mm,2.8を買った。
程度はまあまあなので週末試してみよう。
KIEV/CONTAXマウントは今後も増殖予定。
KIEVばかりでなく、CONTAXも買わねば。
[PR]
by shangkato2 | 2008-05-28 17:15 | カメラ | Comments(2)

昨年、遊びに来た友人を連れての移動中、菜の花畑の脇でハチミツを売るおじさんがおり、そこで1瓶はちみつを買った。菜の花の蜜らしくクセはあるが美味しい蜂蜜だった。
チェコではアマチュア養蜂家も多く、こうして道端や町の売店などで売られている。

昨年来訪した友人のショット
昨年撮ったショットを今頃送ってきた。
e0134658_16572171.jpg


結局、同じ場所でオジサンは見つけられず御腹もすいたので、あきらめてベトナムマーケットへベトナム料理を食べに行く。おそらくプラハ最大級のベトナムマーケットで、ここでは白人が少数派になる、何故か中国語も通じる。フォーに揚げ春巻き、街中のベトナム料理でも満足していたが、ここのを食べたら高くてまずい街中のレストランには行けなくなる。
e0134658_1704023.jpg


野菜などアジア食材を買い込んで、帰ろうとすると車の後ろにボロ車止めている奴おり出ることが出来ない。なんどか切り替えしたが無理だと思ったころ、荷物もったベトナム人がのそのそと現れたので、中国語でどなりちらしたら、流石唯一アメリカに勝ったベトナム人、笑いながら車を動かし始めた。

今日は家から見る空気も綺麗だ。
e0134658_1725052.jpg


明日、来客があるというので掃除を強制される。
e0134658_174165.jpg


掃除が終わり一服したところで、今日のメインの白アスパラの調理に取り掛かる。
付け合せは鶏肉のステーキと食用花を散らしたサラダ。
昨日買ったザクセンワイン、2007年の若いワインだが、そのフレッシュなさわやかな酸味がアスパラのうまさを引き立てる。

e0134658_1745849.jpg

[PR]
by shangkato2 | 2008-05-26 17:24 | 街角スナップ | Comments(0)

ドレスデン続き

実はドレスデン到着前に目的のホワイトアスパラガスを買ってしまったので、かみさんの洋服やめぐりくらいしか用がなくなってしまった。

とりあえずプラプラしてみる。
e0134658_645789.jpg


小腹がすいたので、昼夜兼用でご飯にしてしまう。
通りすがりに見たパエリアがおいしそうだったのでスペイン料理にする。
ドイツにしては塩味が薄く、なかなか美味しかった。
e0134658_6455571.jpg


しばらくすると通り雨、かなりの土砂降りになったので止むまでゆっくり食事することにした。
e0134658_6465413.jpg


チェコでもドイツでも一緒なのね。
e0134658_6482459.jpg


いつもの通り、デパートの地下で買い物。
今回も例のごとくドイツワインを1本とチェコで買えない新鮮野菜や果物など。


プラハに戻って食べてみたが、これは美味しかった。
ヨーロッパの苺は日本のように甘い果物は少なく、どれも野性味にあふれるが
この苺は日本並みに単体でデザートして完成している。
やはりチェコはまだまだ駄目だなあ。

e0134658_649499.jpg

[PR]
by shangkato2 | 2008-05-26 06:59 | 街角スナップ | Comments(0)

かみさんはカメラの聖地などたいしたことは思ってもいない。
本当の目的は今が旬のホワイトアスパラガスを買いにドイツまで行く。
今は国境も無く2時間程度でドレスデンまで着いてしまう。
事前にカメラ屋を調べたがクラシックカメラを売っているカメラ屋は見つけられなかった。


チェコとの国境近くにザクセンスイスと呼ばれる地域があり、そのあたりを経由してドレスデンへ向かう。岩山など見ごたえのある景色が続き、意外に楽しめた。
e0134658_6232677.jpg


ドレスデンの20kmほど手前で農家の直売所を見つける。
お目当てのシュパーゲルだ。合計1.3kg買い込む。
言い訳すると、皮を剥くので実際食べるのはもっと少ない。
e0134658_6241322.jpg


チェコより新鮮な野菜が並ぶ。何故チェコはしなびた野菜ばかりなんだろう。
日本のブランド苺なみの大粒の苺がありそれも買い込む。
これは期待通り、甘みと酸味のバランスが絶妙、みずみずしく美味しい苺であった。
e0134658_625341.jpg


ドレスデンに着くと好天気であった。
e0134658_6281321.jpg
e0134658_6294532.jpg

[PR]
by shangkato2 | 2008-05-26 06:38 | 街角スナップ | Comments(5)

事故渋滞

チェコではほとんど渋滞がない。
プラハの市内では多少渋滞するが、町を過ぎると基本的にはありえない。

金曜の会社帰り、プラハ手前10KMくらいのところでピタっと止まってしまった。
e0134658_693288.jpg


後ろもだんだん連なっていく。
e0134658_6102556.jpg


そのうち周りとおしゃべりする始末。
待つことをしらないチェコ人は。
e0134658_611674.jpg


こちらも普段撮れない様な高速脇の橋の欄干の落書きを1枚。
e0134658_6123710.jpg


2,30分待っただろうか。
流れ始めると、煙をだす車が一台。
e0134658_6131581.jpg


最近は撮影のネタであればこういう待つのも苦ではなくなってきた。
精神の衰えか、単なる老いか。
カメラ始めてなければ待つことも苦だったのは間違いないだろう。
[PR]
by shangkato2 | 2008-05-26 06:20 | 街角スナップ | Comments(0)

先日FOTO Skodaに冷やかしにいったときのこと。
このところあまり代わり映えしない在庫。
掘り出し物があると困るのでたまに覗いているだけ。

先日ミノルタのズーム付き一眼を売ろうとした“よっぱらったチョートク先生もどき”を見かけた。

こちらを見かけると“以前会ったロシアカメラ使いだな”と声を掛けてきた。
彼の中では、すでにロシアカメラ君となっているらしい。

ミノルタオヤジはFOTO Skodaで買い込んだものを次々に見せてくれた。
オリンパスのOM40、レンズシャッターのコンタフレックス、プラクティカ FXの3台買ったそうだ。
だみ声で、いろいろ説明してくれるが特にプラクティカは熱がこもっていた。

プラクティカを触らせてもらったが、このウエストレベルファインダーは明るくクリアで非常に見やすい。若干横幅が広いが、かといってそれほど重くもなく意外と使いやすい。
35mm一眼のウエストレベルファインダーは小さくて使いづらいのではという先入観があったがかなり誤解していた。これは悪くない。

ミノルタオヤジあらためプラクティカオヤジ曰く50年代のプラクティカのクオリティは良いそうだ。納得の作りだ。その可愛らしいファインダーから覗く世界はまるで万華鏡を覗いているようだ。プラクティカはプラスティックボディに変わる前のもので、しかもウエストレベルファインダーに限る。アイレベルになると途端に不細工なカメラになる。プラクティナは別。


プラクティカオヤジは“ライカは好きか?”と聞いてきた。

“持っていないからわからない”というと

“俺は嫌いだ、高いから”

“なにか探し物でもあるんか”と聞くので

“レチナで程度のよいものがあれば欲しい”というと

“そういえば2台持っていたな”と会話が途切れた。
どうやらプラクティカオヤジはあまり好きではないのだろう。

FOTO Skodaも店じまいのようで扉をしめるから出てけというので
その場で別れた。

またそのうちここであうだろう。
其の時はどんなカメラを持っているか楽しみだ。
お互い名前も知らないが、向こうは“ロシアカメラくん”こちらは“プラクティカオヤジ”でいいだろう。
[PR]
by shangkato2 | 2008-05-23 22:34 | カメラ | Comments(2)

近所を散歩

週末、韓国料理にいく。
お目当てのユッケが品切れで腹いせで帰り際にプラハで一番美味しい
ジェラード屋で買い食いをしたので満腹になってしまった。

腹ごなしに我が家の近所を散歩してみる。

高架を見上げた、異次元にまきこまれてく錯覚に囚われる。
e0134658_21371097.jpg


意外と路地裏では無防備に開け放し。
e0134658_21385099.jpg


ベルトラムカというモーツアルトがプラハに滞在していたときに使っていた別荘が
いまは記念館になっており、そとの垣根からのぞいた。
e0134658_21411835.jpg


中から外をのぞく。
e0134658_21424395.jpg


我が家の近所は昔は工場地帯で労働者の住む地域だったらしい。
旧市街より面白い1800年代の建物が多いので、帰任の前には撮影しておこう。
[PR]
by shangkato2 | 2008-05-23 21:51 | 街角スナップ | Comments(0)

ピルゼンの廃工場

職場近くのよく通りかかる道沿いに廃工場がある。
あまり気にすることはなかったが、最近周りを綺麗にしだしたので
そろそろ整理しはじめるのだろうと眺めていたら、とうとう解体工事が始まっていた。

e0134658_1632153.jpg


レンガでできた煙突を人の手で一つ一つ解体している。
てっきりパワーシャベルで一気に解体するのかと思っていたが、
e0134658_16335258.jpg


ふと思い立ち、一昨年に見た菜の花畑を見てみようと行ってみると、今年は麦畑だった。
これが来年には黄金の液体に姿を変えて我々の胃の中にあるのだ。
e0134658_1636075.jpg


麦畑の反対側には、見頃を過ぎた菜の花がまだ残っていた。
e0134658_16464178.jpg

[PR]
by shangkato2 | 2008-05-23 16:55 | 街角スナップ | Comments(0)

銘機礼賛3

OCSの日本書国際輸送サービスで頼んでおいたのが到着した。

“クラシックカメラで遊ぼう”“晴れたらライカ雨ならデジカメ”に続く3冊目のカメラ本である。

クラシックカメラ界のスーパーセールスマン・チョートク先生はうまいなあ。
こういうふうにお客さんをうまくたぶらかすことができればなあ。

ますます欲しいカメラが増えてしまう。
ちょうど中判カメラが欲しかったところ、チョートク先生がプラハを撮ったというプラウベル・マキナ、欲しいですなあ。

6月に誕生日が来るので奥さんが5万前後くらいの予算で好きなもの買ってくれるという。

さて、なにを買おうか。
その予算での候補は、ブラックコンタックス、ブルズアイのコンタレックス、M2かM3.
KIEV80の40mm、60mm、80mm、200mmセットも予算内だが故障が怖いなあ。
中判は作品作り用にしたいのでもう少し信頼性の高いものが欲しい、そうすると予算オーバー。

こういうこと考えている間が楽しいのだ。
来月のカメラバザールが楽しみだ。
[PR]
by shangkato2 | 2008-05-22 19:22 | 雑記 | Comments(0)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!