<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

苺一会

ドレスデンにシーズン最後のホワイトアスパラを買いにいくも既になし。
コリもせず再度イチゴ狩りをする。
おそらくこれも今年最後だろう。


おー、なかなか良い色が出るではないか。
ライカばかり使っていたがSL35のクセノンも捨てたものではない。
e0134658_437037.jpg

SL35, Xenon50mm, Centuria200

e0134658_4375693.jpg
e0134658_4391232.jpg
e0134658_4431961.jpg



イチゴだけではなくベリーも取らせてくれる。
もう少ししたらさくらんぼ畑もいけそうだ。
e0134658_4443973.jpg
e0134658_4484175.jpg


入り口で見張り中。
e0134658_450136.jpg


日本と違い入場料などは必要ない。
採っただけ買い取ればよい。
だからその場で食べてもお金は取らない。

みなシーズンを楽しんでいる。
日本の野菜も果物も旬というモノがなくなってしまった。
ヨーロッパに来て却って四季と旬がわかるようになった。

日本のイチゴは甘すぎる。
こちらのイチゴでジャムを作ったら市販のモノが食えなくなった。
日本のイチゴでは酸味がないから甘いだけのジャムになってしまうだろう。

日本は四季が豊だと思っていた。
いつから日本に四季がなくなってしまったのだろう。
皆がいつでも、おなじものを食べれるような社会。
それはそれで理想の社会なのかもしれないが、ちょっと味気ない。

にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-29 04:59 | Rollei | Comments(8)

朝の月

最近、特に用が無ければ日曜の朝は軽いジョギングをするようにした。

もちろんダイエットが必要なのは言うまでも無く、いきなりやっても負担になるだけなので、30分間だけ、ジョギングともいえないくらい簡単なもの。
そしてカメラも持っていく。当然交換レンズなんてものは持っていけないからマクロレンズ一本である。
こういうとき、こういう割りきりができるレンズなので重宝する。


バラと月
朝の澄んだ空気、貴重な撮影時間帯である。
e0134658_23453283.jpg



e0134658_214330.jpg


e0134658_223518.jpg



ジョギングをしているのか撮影しているのかわからないが気分が良いことには変わりが無い。
R4はコンパクトな一眼だからワタシの歩行速度より遅いジョギング程度ならそれほどかさばらないんだが、こういうときはやっぱりレンジファインダーのほうが良いな。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-26 03:33 | Leica R | Comments(2)

侯爵家の庭

Pruhonicというところに綺麗な公園があるという。
なんでも雪の降る冬にいくとナルニア国物語の情景そのままのようなところらしい。

あまり写欲もわかなかったので20枚ほど撮り残しを残したR4に28mmとマクロをもってでかけた。

プラハの住まいからは30kmほど。
ブルノ方面の高速D1にのって10分ほどPruhonicというところで下りてすぐのところにある。
バスでも来れるようだが車で来たほうがよいだろう。

e0134658_0171261.jpg


e0134658_0202179.jpg

Elmarit-R 28mm, EBX


入場料を払いゲートをくぐる。
入ってすぐはそこそこ綺麗な庭になっており(上から2枚目の写真)
"まあこんなもんだろう"とタカをくくっていたが、、、

足を進めれば進めるほどフイルムを持ってこないことを後悔することになる。
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-23 03:33 | Leica R | Comments(2)

天空

このところ天候が安定しない。
だが見方を変えればダイナミックな風景が楽しめるともいえる。

e0134658_038558.jpg

Vitessa , Ultron 50mm, EBX

e0134658_0392125.jpg
e0134658_042999.jpg


やっぱり50年も前のレンズとは思えない。
油絵のような濃厚な感触。
人肌の滑らかな発色から、あっさりしたレンズだと思っていたが。
Ultronは評価の分かれるレンズだが、いろいろ試してみないとレンズの力はわからないもんだ。
きっと我が家にも、まだまだうずもれているレンズがあるんだろうな。

コレクション絞るつもりだったがVoigtladerというブランドはもう少し追いかけてみたい。

にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-20 00:54 | その他のカメラ | Comments(2)

土曜の早起き

あまり土曜に早起きするのもどうかと思うが、早起きには理由がある。

恒例のカメラマーケット。
今回は出展者も前回よりは多かったが、特に掘り出し物はなし。
例のライカコレクターはバイヤーと秘密の密談をしていた。
どうやら5台くらい購入するらしい。
また、ポーランド国境近くから来たという英語の流暢なおっさんと立ち話したが
彼曰く、ウイーンのカメラ市は規模も値段の安さも素晴らしいらしい。
10月には行かねばなるまい。

マーケットの前にいつも撮りたいと思っていた写真を撮りに寄り道する。
e0134658_6343326.jpg

Macro Elmarit-R 60mm, EBX
e0134658_6372292.jpg

Elmarit-R 135mm, EBX

出勤時にこの建物と青空のコンビネーションを眺めては、いつかあの白と青を撮ってみたいと思っていた。
まあまあイメージ通りに撮れた様だ。もう少し白が飛ぶ寸前まで持っていきたいが、そうすると空の青がうまくでなくなる。

e0134658_639349.jpg

Elmarit-R 28mm, EBX

プラハらしいというわけではないが、意外に我が家の周りは面白い被写体が揃っている。
早起きも悪くない。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-18 06:47 | Leica R | Comments(2)

苺狩り


チェコでは旬のモノを味わうのはなかなか難しい。
スーパーの野菜もチェコ外から持ってきているのがほとんどで鮮度も低い。

本当に新鮮なものを食べたいとなると、直売所のようなところを見つけないといけないがなかなかそういうところがあるものではない。

仕方が無いのでドイツ・ドレスデンまで足を伸ばすことにしている。
ドレスデンの街中にはデパートがあり、その地下は日本のデパ地下とまではいかないが、そこそこのモノは入手できる。もちろん野菜の鮮度はチェコの比ではない。

去年道に迷いながらドレスデンに向かったが、その途中で農家の直売所を見つけた。
ここで買ったホワイトアスパラは最高でグリーンアスパラも素晴らしいものだった。

それよりもなにより、この農家は苺畑もあり、苺狩りができるのだ。

e0134658_2521417.jpg

Vitessa. Ultron、EBX

e0134658_2524765.jpg

Vitessa. Ultron、EBX

おにいちゃんもおねえちゃんもおとおさんもおかあさんもおじいちゃんもおばあちゃんも、
イチゴ狩りに夢中。


ここの苺はハウスではなく露地栽培、日本のように甘いだけでなく、酸味と日光を浴びた自然な甘みのバランスが素晴らしく、普段あまりフルーツの好きではないワタシでも頬張ってしまった。

うまいことにホワイトアスパラガスと旬が微妙に重なる。
来年いるとも限らない。
できる限り旬を貪ろう。

それにしても、このUltronというレンズ。
先日のFlektogonが陰なら、こちらは鮮やかな陽の発色をする。
ネガでは柔らかな発色をし、人肌が美しく再現される。
ためしにポジで使ってみたが、これまた素晴らしい発色。
あいまいな表現だが、現代レンズが全てを写し出すとしたら、このレンズは、うまく足し算と引き算がされている。

e0134658_36580.jpg


これだからレンズ遊びは病められない



にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-17 03:08 | その他のカメラ | Comments(0)

美しさは罪

e0134658_1272275.jpg

Exakta VX, Flektogon 35mm, EBX

フレクトゴン35mm、F2.8
このレンズは最初はコレクションのつもりだけで買った。
が、あがってきたポジを見てびっくりした。


実はこのところ写欲が沸かない。
体調不良も原因だと思うが、そろそろヨーロッパが飽きてきたか。
カメラを語る友人がいないと面白くないというのもある。

そのため、気分転換といってはなんだが、このところライカばかり使ってきたので気分転換に他のカメラを持ち歩いたりしている。

Exakta系列ではやはり元祖VXが一番感触が良い。
VX1000やRTLはクイックリターンだから使いかっては良いはずだが、シャッター音といい触った感触といいVXのほうが遥かに良いのだ。

これに合う35mとしてフレクトゴン35mmを使ってみたが、このレンズは評判通り。
色がなにより素晴らしい。同じ焦点のライカ・エルマリート35mmより良い。
花を撮って一番びっくりした。
いままでのどのレンズより色が良い。
内面をえぐるような表現をする。

e0134658_1282465.jpg


e0134658_1394845.jpg


50mmが人間の視野と同じくらいだという人と35mmという人がいる。
ワタシはどうやら見たままを撮るには35mmのほうが良いようだ。
被写界深度で絞りを選んでおけば後はファインダー覗いて構図決めるだけ。

スナップには35mmはちょうど良い。
50mmは撮影時にすでにトリミングしている感じ。


春になって菜の花が撮りたいと思ってシーズンが過ぎたあたりからカメラ倦怠期に入ってしまった。
どうにもなんとしても撮りたいというものが見当たらないのだ。
冬のマイナス20度の時はわざわざ撮影に出て行く気力があったのに。

こんな状態ではいかん。体力はともかく気力まで減退するのは許せない。
体調も戻りつつあるし、そろそろ気合入れなおして、早起きしてみるか。
 
にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-13 01:56 | EXAKTA | Comments(13)

そうだ旅に出よう!

e0134658_12239.jpg

Color Skopar21mm、T-max-100


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-12 01:05 | Leica DⅡ | Comments(2)

孤高の王者


e0134658_23235938.jpg

Exakta VX, Flektogon 35mm F2.8, EBX


いつもこいつがいるのは見かけていた。
観光客も面白がって記念撮影なんかしている。

ある朝、カメラ屋の帰りに見かけると、いつも回りに止まっている車が無かった。
その堂々とした佇まいに敬意を表して1枚。

それにしても、この車、なんていうんだろう?


にほんブログ村 写真ブログ クラシックカメラ・クラシックレンズへ
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-10 03:33 | EXAKTA | Comments(8)

出会いの瞬間


e0134658_111047.jpg

KievⅡa、Jupiter 12、T-max-100


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2009-06-06 03:33 | Contax / KIEV | Comments(0)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!