<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

食生活


e0134658_10264045.jpg


e0134658_10272046.jpg


欧州で暮らしていると美味しい日本の飯が恋しくなる。
ここで言う日本の飯とは、日本食ではなく、飯、である。

寿司だとか、ラーメンだとか、トンカツだとか。
そういうものは、たしかに外国でも食べることができるのだが、それとは違う、町のその辺で食べる、ぶらっと歩きながら暖簾を捲って、威勢のいい店員の声を聞きながら黙って席に座る、一言メニューだけを言う、そして出され黙って食べる、そういうものが懐かしくなるのだ。

それが日本に戻ってしばらくすると、欧州で食べていたものが懐かしくなる。
特に帰国直前に飽食の旅をしたものだから脳にこびりついているようだ。

e0134658_1040664.jpg


イタリアン、フレンチ、ドイツ、チェコ、ビールにワイン。
また暮らしてみるかと言われれば、疑問符なのだが、いつかまたゆっくり飽食の旅をしたい。





にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-31 10:49 | Leica R | Comments(2)

e0134658_21394742.jpg

ContaxⅢ、Sonnar50mm F1.5, GOLD200


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-25 21:40 | Contax / KIEV | Comments(6)

修善寺への旅

e0134658_11363347.jpg


一泊2日で修善寺に向かった。
直前までどこにいくか決まらず、前日にようやく修善寺に決まった。

思ったより楽しめるところだった。
富士山に日本の春を久々に満喫した。

e0134658_11423221.jpg


e0134658_11433691.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-25 11:45 | Sigma DP1S | Comments(0)


e0134658_13333083.jpg


20日の祝日。
出かけようと言いながら、いつまでも出かけることができない。
とうとう出ることができたのはPM4:00。

ちょっとぷらっとしてコーヒーでも飲んですぐ帰ってこようと思って出かけた。
あまりゆっくりこの辺りに来たことがなかったが裏通りには面白そうな飲み屋が多く楽しそうだ。

駅近くにある東亜コーヒーという店に入る。
昭和の香り残る喫茶店だが、コーヒーにこだわっているようで、なかなか美味しい。
かみさんは、これまで飲んだコーヒーの中でも一番美味しいと感激していた。
香りの良いエチオピアの試飲をさせてもらったが、まるで紅茶でも味わうような爽やかなものでした。

e0134658_13334993.jpg


喪中なので神社には詣でることができない。
深川不動尊なら成田山の出先だから問題ない。
お参りした後、飲み屋通りで客引きの声を肴にぶらぶらしながら帰路につく。

e0134658_13431668.jpg


次回はどこかの一軒で飲もう。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-24 13:44 | Sigma DP1S | Comments(0)

杞憂

e0134658_143466.jpg

Sigma DP-1s


ようやくクラシックなカメラを飾るのに良い棚を見つけた。
かなりはみ出すのではないかと心配したのは杞憂に終わった。

杞憂という言葉があるが、その語源は3000年くらい遡る。
殷が周に滅ぼされ、その遺民が杞という国に移された。
杞の民達は、いつか天が落ちてくるのではないだろうかということに憂いながら暮らしていたことから、いらぬ心配をすることを杞憂というようになったそうだ。
端から見ればいらぬ心配だが、それをいらぬ心配と考えず、深い思索をする哲学的な行為と考えられなくもない。

e0134658_1448894.jpg


いまから思えば、日本の高湿度の中で心配しながら暮らすくらいであれば、防湿庫をもう一つ買っても良かったかもしれない。
せっかくの棚もちょっとカメラ同士が肩をぶつけ合って窮屈そうだ。
すこしコレクションを絞って、奇麗に飾りたいところだ。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-20 14:37 | カメラ屋/カメラ市 | Comments(6)

JAN PAZDERA


e0134658_18592354.jpg

CONTAX TVS, Superia Venus 400

プラハ行きつけのカメラ屋の一軒である。
だいぶここで買った。
なによりほとんど言葉が通じないが、白髪のPAZDERAさんとのやり取りが楽しかった。

最後に帰国の挨拶ができなかったことだけは残念である。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-18 19:02 | Contax / KIEV | Comments(0)

Vchod(入り口)

e0134658_21425116.jpg

Werra, tessar F2.8, Centuria 200


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-17 21:45 | その他のカメラ | Comments(0)

19番 立江寺

e0134658_22474560.jpg


一泊2日でかみさんの実家へ往く。

本当は来週半ばまで休みを取ってゆっくりする予定だったが、どうしても抜けられない仕事が月曜と火曜にあり、既に早割で確保していたチケットをキャンセルしたのだ。

かみさんのオヤジさんは退職前の無理が祟って透析の日々を過ごしている。
顔だけでも見れるということで良しとする。

到着日の昼は恒例の‘びんび屋’
徳島では有名な海鮮飯屋だ。
先代のおかあさんは街道を通るトラック運転手の飯屋として豪快な海鮮定食を出す店としてオープンしたそうだ。2代目に大々的に店を大きくし、観光向けとして成功する。
お値段は安くはないが、分厚い刺身に鳴門わかめをたっぷり入れ、アラで出汁をとった味噌汁。
都会はおろか地方でもなかなか食せないボリュームで週末のランチタイムは行列ができるくらい混雑をする。

e0134658_22491854.jpg


かみさんの実家の墓参りを済ませる。
立江寺がその霊園の供養をしているそうだ。
この寺は四国八十八カ所霊場19番目の寺としても有名だ。
夫婦で大好きなバラエティ番組‘水曜どうでしょう’で訪れた寺でもある。
寺自体はそれほど大きな寺ではないが、それほど大きくはない境内に多くの建物が詰め込まれ、一種曼荼羅の世界を作っている。
周りは小さいが門前町を形成しており、雰囲気の良いところでもあった。

駐車場を探していると、寺の裏に醤油の醸造所を見つけミソと秘伝醤油というものを購入する。
なんども徳島に来ているがこの辺りは初めて。好きな雰囲気の町で、またぜひ来てみたいところだった。

e0134658_22491100.jpg


一泊2日では碌なことができない。
四国内はレンタカーの乗り捨てはどこでも可能なようだから、次回は高知か松山辺りに入り、ゆっくり来訪してみたい。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-11 23:06 | 雑記 | Comments(2)

銚子

e0134658_2232484.jpg


e0134658_22271422.jpg


先日、銚子まで仕事で行く。
仕事はともかく、とても寂れた町で、あまり見て歩こうという気になれる町ではなかった。
海までも歩くには遠いし、なにか駅の近くに名所があるわけでもない。
さりとて、昼食をとる店も観光地価格で、安く美味しいものというのも難しい。

某醤油メーカーの工場直売書でしょうゆアイスを食べたが、これは美味しかった。
寒いのがいまいちだが、醤油がアイスにコクを出すようでコーヒーアイスを食べているような感がある。

駅でもらった地図を見ると銚子カメラ博物館があるという。
駅から10分程度歩くと、パン屋がある。
後で知ることだが、この店の先代がカメラ好きだったらしく、先代のコレクションがずらりと並べられている。確かに多くのコレクションが並べられているが、重複するコレクションもあった。ワタシの持っているものの方が良いものもあったが、この片田舎でここまでそろえられたのは尊敬に値する。

e0134658_22273644.jpg


仕事でなければゆっくり町を歩いてみたかったが町自体はそれほど大きくもない。
車一台必要だ。
いつまた日本から離れるかもわからない。その間はせいぜい日本を楽しむことにしよう。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-04 22:42 | その他のカメラ | Comments(4)

カメラ市で、


e0134658_11193229.jpg


日本で初めてカメラ市にでかけた。
週末は私用でこのところ時間が取れない。
営業の合間をうまく銀座方面に向けて、‘寄り道’した。

さすがにプラハの‘しょぼい’出店とは違う。
豪華絢爛、FOTO Skodaあたりでは1台か2台しかないMライカやハッセルがスーパーマーケットの陳列棚のように並べられている。
なぜか日本では小銭の支出が多く、カメラに資金注入できない。
購入欲自体も薄れているので良いのだが、以前であればのどから手が出るほど欲しいものもあったが、抑える気のほうが強いのは幸いだった。

銀一フォトのカウンターの上に2眼が置かれている。
手書きの値札が随分安いものになっていた。
一昨年パリで買いたいと思っていたフランス製SEMFLEX。
本来ならフランスを撮るために買いたかったのだが、テイクレンズが白内障ということで格安だった。
店のオヤジに、‘他になにもなければ買うね’といって、しばらく他を眺めてから戻った。

夕方会社に戻る鞄がパンパンに膨れているのには帰社後、誰も気づいていなかった。

e0134658_113155100.jpg


ちょっとフォギーな写りになってしまうだろうが、フレクサレットとどういう違いを見せるのか楽しみだ。

そのレンズ周りのギザギザフリルがついたモダンで軽快なデザイン良い。
フレクサレットと2台首からぶら下げて歩きたいくらいだ。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by shangkato2 | 2012-03-03 11:35 | カメラ屋/カメラ市 | Comments(6)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!