フランス 3日目 ① ストラスブールからトゥルックハイム

今日はストラスブールを離れシャンパーニュに向かう。
朝早起きして軽くジョギングをする。
常夏の所から来ると朝方はかなり冷えるが、ジョギングにはむしろ好ましい。何時もの香港や深センなら朝からビショビショになるが、ほんのり汗を掻くくらいで気分が良い。

e0134658_02075612.jpeg
e0134658_02081896.jpeg
いかにものヨーロッパの朝食だが満足度の高い朝食を頂き、シャンパーニュに向かう前に郊外のオークニクスブールと言う古城に向かう。
e0134658_02152823.jpeg
e0134658_02155439.jpeg
実はスケジュールを勘違いしていて、この後苦労することになるのだが、かみさんにこの辺りで何処か行きたい所は無いかと聞くと、昔訪れたトゥルックハイムに行きたい、そこで思い出のワインを買いたいと言う。

この後、バカラにも寄るつもりだったが、トゥルックハイムに向かう。

e0134658_02212976.jpeg
e0134658_02230735.jpeg
あの思い出のワイナリーと、そこに隣接したアルザス料理屋、7年前と変わらない。
ワイナリーは昼休みなので、まずはランチを頂く。
e0134658_02234899.jpeg
e0134658_02241360.jpeg
ワタシは典型的なシュークルート、かみさんは今回のお気に入り、魚介類のシュークルート。かみさんは満足気に当然ワインを頂いている。
味ももちろんストラスブールで食した物より旨い。
やはりヨーロッパは田舎が良い。
途轍も無いボリュームで半分近く残してしまったが、レストランのスタッフも、これは凄い量が多いから仕方ないね、と言ってくれたが、以前なら完食したのにと少し悔しくなった。
とは言え満足してワインを買いに行く。


e0134658_02324078.jpeg
e0134658_02330462.jpeg

以前のままの佇まい。
中から少し年配の女性が出てきて相手をしてくれる。
ワタシはもちろん運転なので、かみさんの味の記憶に任せて試飲させて貰う。
一口含んで、かみさんの顔に笑顔が広がる。
かみさんが好きだったのはゲヴェルツトラミネールと言うよりここのワインが好きだったのだ。
接待してくれた女性に実は7年前もここのワインを買い、とても好きだと伝えると、向こうも笑顔になる。
結局中国に持ち込める限界の一人二本、合計4本を購入する。
会計を済ませると、地下にある昔のセラーを見せてくれると言うので案内して貰った。

e0134658_02332741.jpeg
満足してトゥルックハイムを離れた。

Commented by tony_etoile_bis at 2018-10-15 16:03
アルザスを満喫されたのですね。

この後何が起こったのか気になるところですが、
奥様がお好きなワインが手に入ってよかったです。
Commented by shangkato2 at 2018-10-17 00:58
> tony_etoile_bisさん
ありがとうございます。
7年ぶりの街が、変わらず迎えてくれたという、それだけでも満足ですが、美味しいワインと地元料理。また来れるのかどうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by shangkato2 | 2018-10-10 02:44 | 2018 アルザス シャンパーニュの旅 | Comments(2)

上海狂人日記  カメラ編   Flexaretのプリントを見て驚愕。 それからカメラ沼に嵌る。 日々是増殖中 目標100台達成!!!


by shangkato2